100,000 Steps to Somewhere

* 万歩計の旅日記 * 旅行中のみ更新
My Step by Step Travel Diary

2023/11/19

東海道53次 27次目 掛川~袋井

 

この前の区間はこちら 

 

1003PXL_20231118_223407131dev450

前回、金谷から日坂を通り掛川に着いたのは2022年10月末だった。あれからまた一年もたってしまった。冬は寒さに負け、春は桜に明けくれ、夏は猛暑にやられ、そして秋になってもずっと暑かったが、やっと涼しくなった。

「そうだ、東海道を歩こう」と一年ぶりに思い出したのだ、先週。

 

1000Screenshot_20231119-073449dev450

ってなわけで、すっかり勝手を忘れたのでおさらい。
もう現場は遠い。検索では今日のゴール磐田になっているが、スタートの掛川でもほぼこの通り。新幹線だと(1)にあるように6000円ほどかかるが2時間半で着くき、10時前には歩き始められる。(2)ずっと普通列車だと3400円ほどだが4時間弱もかかる。乗り換えは4回!そしてぐったりつかれての歩き始めは11時過ぎ。

ここは高いが新幹線だろう。帰りはゆっくり普通で帰ることにする。

 

1004PXL_20231118_225316487dev450

まずは東海道線で小田原へ。そこで新幹線こだまにのり一気に掛川へ。そう掛川は新幹線が停まるのだ。

 

1005PXL_20231118_230652081dev450

ちなみにであるが、自宅のある品川から同時刻にスタートすると、新幹線ではなんと1時間半で9時過ぎに到着するが大枚8600円ほどかかる。普通列車だともはや修行の片道4時間半で12時過ぎに到着し午前を移動だけに費やす。運賃も4500円。

仮に都内から往復普通列車だと9時間を車内で過ごすことになる。
床擦れができるレベルだな

 

1006DSZ01490dev450

こだまは30分に1本。接続が悪いので結構待った。

 

1007PXL_20231118_233032306dev450

やっときた。それでも普通列車より遙かに早く着くのは流石だ。今回も自由席なので検索より安い5500円ほどだった。こういう遊びは1万円までに納めたいというポリシーにギリギリ入りそうだ

 

1010DSZ01504dev450

新幹線の難点は、スマホの電池が一気に減ること。高速移動の弊害。とりあえず充電をしておく。機内モードにしておいても減らないよ

 

1013DSZ01529dev450

伊豆半島の付け根を突っ切る長いトンネルを抜ける

 

1008DSZ01500dev450

そして富士山が一気に大きくなる。今日は快晴だ

 

1011DSZ01506dev450

三島駅で通過待ち。上りのこだまの車掌が暇そうにしてた。とにかくこだまは停まってばかり。のぞみがブンブン抜いてゆく。

 

1012DSZ01523dev450

やがて新富士駅あたりで富士山は絶好調に

 

1015PXL_20231119_002308106dev450

富士川を超える。このあたりも歩きました。

 

1016PXL_20231119_002353101dev450

静岡を過ぎると海側からも一瞬富士山が見えます

 

1018PXL_20231119_002753235dev450

大井川を渡り

 

1019PXL_20231119_002814986dev450

次は掛川のアナウンスが。早いね~~、椅子もいいし。でも料金は倍!!

 

1021PXL_20231119_003623015dev450

かけがわ~~~~ってなんだかすごく多くの人がおりました。それも若い女性が大半。なんだなんだ、掛川城で祭りでもやってんのか??戸惑う私

 

1020PXL_20231119_003517216dev450

エスカレーター渋滞

 

1022DSZ01531dev450

改札も渋滞。なんだよ~~、これ。
みなさんどこかへ消えていきました。

 

1024DSZ01537dev450

降りてから案内所のおばちゃんに人混みについて

「掛川城祭りかなにかですか、今日?」と聞くと

「ああ、いえいえ。アイドルのコンサートがあるんです。」

だって。すごいね~集客力。掛川城の工事の件を聞くと、もうおわって拝観できるとのこと。前回は見られなかったからね。

 

1025DSZ01539dev450

掛川城や旧東海道のある北口駅前ロータリーは閑散としておりました。だれもいないのに政治団体の方が平和平和と連呼しておりましたが、駅前にはだれもおりませんでした

 

1026DSZ01543dev450

二宮尊徳は読書に励んでたけどね

 

1001Screenshot_20231119-094347dev450

さて本日はここまでで2695歩歩いているので、ここからスタートです。

 

1027DSZ01544dev450

まず駅前の道を北へ数ブロック。旧東海道もとおりすぎ、

 

1028DSZ01547dev450

逆川をわたると緑の茂みが

 

1030DSZ01557dev450

この門を上がると、、、

 

1031DSZ01559dev450

じゃん、掛川城!山内一豊ゆかりのお城です

 

1032DSZ01561dev450

え?なに?忍者が門の横にいる

 

1033DSZ01563dev450

もし無断で写真なんか撮ったら「曲者じゃ!!」って手裏剣でやられる。

そうおもってお願いして写真を撮りました。忍者怖い

 

1034PXL_20231119_005737565dev450

さて工事も終わり念願のお姿を1年ぶりにみました

 

1035PXL_20231119_005747206dev450

観光してるな、めずらしく。新幹線で早く着いた時間をここで使えます

1037DSZ01567dev450

はめてみた

 

1036PXL_20231119_010135760dev450

ま、おやくそく

 

1039DSZ01577dev450

さて掛川城、こちらは木造復元天守。少なくとも外観は歴史的に正しくを復元しているお城です。詳しくは検索してください。まだ工事中

 

1049DSZ01587dev450

本当の土壁に漆喰ね。狭間作るのも手間かかるわ

 

1040DSZ01580dev450

う~ん、ちょっと小ぶり。

 

1042PXL_20231119_010559691dev450

でも木造で歴史通り復元だからすごいね。角度急すぎ!

 

1046PXL_20231119_010747688dev450

ちゃんと室内も作ってあります

 

1047PXL_20231119_010757299dev450

東の城下を見下ろす

 

1048P1010413dev450

遙か彼方に富士山も見えました

 

1051P1010415dev450

お城の模型がありました

 

 

1052P1010419dev450

天守閣

 

1054DSZ01599dev450

あと御殿は江戸からのものが現存しております

 

1055DSZ01600dev450

三葉葵?なぜ?

 

1056DSZ01602dev450

中には甲冑やらが展示されてました

 

1059DSZ01613dev450

こちらが謁見するお部屋

 

1057DSZ01611dev450

こちらは、、、えっと

 

1058DSZ01612dev450

城主の厠でした

 

1060P1010421dev450

さあ、さらば掛川城

 

1061PXL_20231119_012736445dev450

拙者は出立いたすぞ

 

1062P1010423dev450

この先が東海道です。ちょっと忘れてましたが、東海道を歩くのが本来の目的でした。まだ1mもあるいておりません

 

1063PXL_20231119_013039527dev450

草鞋の紐を締め直します。

 

1064P1010428dev450

10時半、いざ次の宿場、袋井へ

 

 

1065PXL_20231119_013327598dev450

あ、今の大河ドラマがご当地か。

 

1066P1010433dev450

本当にこの道が東海道かよくわからないまま進みます。清水銀行、かなり江戸時代

 

1067P1010435dev450

あ、やっと東海道の標識がありました。あってましたね

 

1068P1010439dev450

今日は正面から強い風が吹き付けてきます。帽子が飛ぶのでフード、そして寒いのでマスクです。ほぼ曲者だな。

 

1069P1010440dev450

掛川のマンホールも掛川城

 

1070P1010442dev450

紅葉はまだですね

 

1071P1010445dev450

さてこの食堂の前で東海道は右にそれるはず

 

1072P1010447dev450

こっちだね

 

1073P1010449dev450

ちゃんと書いてありました。こういう案内助かります

 

1074P1010451dev450

遠州をひとり

 

1075P1010452dev450

お城の前と同じ逆川を渡ります

 

1076P1010454dev450

あ、お城だ

 

1077P1010456dev450

そしてすぐの交差点を左

 

1078P1010459dev450

旧国道1号になりました。日本橋から230km

 

1079P1010461dev450

昔の面影のあるお店が時折ありますこちらはお茶屋さん。掛川茶、有名だもんね

 

1081P1010474dev450

こんどは別の川を渡ります。このあたりは水が豊富そうですね

 

1082P1010478dev450

橋を渡って左手の道が東海道

 

1083P1010479dev450

いっきに交通量が減ります

 

1084P1010480dev450

風が相変わらず強く寒い。日が当たってあったかいけど、風で帳消しな感じ。南風なのが救い

 

1085P1010482dev450

やがて前方に鉄道の高架が

 

1086P1010484dev450

あ、スタバ!あ、さわやか!

 

1087P1010486dev450

西掛川って、、、天竜浜名湖鉄道の駅のようです。

 

1089P1010493dev450

あまりにかわいい駅なので、ホームに登ってきました

 

1090P1010497dev450

単線、非電化、無人駅。絵になるわ~~、ファミマのすぐ裏だけど

 

1091P1010501dev450

列車が来るまでまとうかと思ったけど20分以上あったのでやめました。そのうち乗ってみよう

 

1092P1010503dev450

ときおりでてくる東海道の碑。これみると道があっていて安心できます。大池一里塚跡だそうです。本日一つ目

 

1093P1010506dev450

おやおや、なんかいい感じの松が

 

1094P1010512dev450

ところどころに松並木

 

1095P1010513dev450

現存する松並木、すくないそうです

 

1096P1010517dev450

ススキ茂る河原。晩秋だね~~

 

1098P1010523dev450

三度の逆川

 

1100P1010537dev450

街道は再び面影を取り戻します

 

1101P1010538dev450

おせんべいやさん

 

1102P1010541dev450

あちらも往時の面影

 

1103P1010544dev450

と、情緒をぶち壊すものが

 

1104P1010546dev450

国道1号線のバイパスだ

 

1105P1010547dev450

これをくぐり

 

1107P1010550dev450

あちら側へ

 

1108P1010552dev450

稲刈り後の田んぼを見ながら

 

1109P1010553dev450

街道は側道へ

 

1110P1010555dev450

これでいいのかな、、

 

1111P1010556dev450

うれしいですね、こういう看板

 

1112P1010557dev450

あれ~、また同じ道くぐるのか

 

1113P1010561dev450

どうなってるんだ?

 

1114P1010563dev450

ってこちらは東名高速でした

 

 

1115P1010567dev450

昔の日本の大動脈は東海道だったのにね。いまじゃ国道1号も東名高速もその座を新東名に譲りつつありますからね

 

 

1118P1010580dev450

路傍の雑草。通称ひっつきむし。雑草という植物はないそうですが、センダングサというようです。とれないんだよね~、これ

 

 

1119P1010584dev450

街道は本日4回目の逆川横断

 

1120P1010587dev450

おややの松並木が。長くて立派そう

1122P1010591dev450

橋を渡ってすぐのお寺

 

1121P1010589dev450

東京京都 中間地点だそうです。じつはこのあと中間地点の標識が乱立しますよ

 

1124P1010594dev450

立派!これぞ東海道という並木です

 

1123P1010593dev450

でもその前に時刻は12時を回っております。お昼は風情あるこちらにしようと思います

 

1125PXL_20231119_030856631dev450

ところがです。営業していたのですが団体が入っていて時間がすごくかかるとやんわりと断られました。たしかに駐車場は満車でした。

 

1126P1010602dev450

1時間も待つ気はないので次の店にしましょう

 

1127P1010603dev450

東海道の松並木、浮世絵の東海道五十三次にも松並木はよく出てくる気がします

 

1128P1010607dev450

舗装されてるのは仕方ないとしても、ここを大名行列やら水戸黄門やら暴れん坊将軍がやってきそうです。時代劇見過ぎかな

 

1129PXL_20231119_031223258dev450

この並木は結構長く続きます

 

1130P1010611dev450

古い木だけでなく新しい木も植樹され、保存する木が満々です

 

1131P1010612dev450

この看板によると松食い虫などで東海道の松並木は減っていて、このあたりだけだそうです

 

1132P1010615dev450

次のお店発見!ってやってない

 

1133P1010616dev450

こちらもやってない

 

1134P1010617dev450

こちらはやってるけど自転車屋さん。食えないな

 

1135P1010618dev450

昼食難民のまま、いよいよ掛川市を抜けそうです。すごく親切な案内が多いです

 

1136P1010622dev450

左から新道が来てて、川に突き当たるまで行って

 

1137P1010625dev450

道をくぐって、、、どうするんだっけ?記憶力が、、

 

1138P1010626dev450

またまたご親切な看板。ここを登れと

 

1140P1010629dev450

このまま川を渡れとな

 

1141P1010631dev450

今度は逆川ではなく、原野谷川だそうです。

 

1142P1010633dev450

ここで掛川から袋井市に入ります

 

1143P1010636dev450

日本橋から234.2km

 

1144P1010638dev450

これまた親切な道案内。袋井市内はかなりしっかりと案内がありますよ。花ござ公園ってなに??

 

1146P1010647dev450

小さな公園はここ。空腹をお菓子で満たします。けっこう空腹。そして足取りも重い

 

1000P1010642dev450

きれいなトイレがありました。

 

1000P1010644dev450

広重の東海道五十三次では出張茶屋で道ばたで休む人の絵が

 

1145P1010640dev450

さっそくの細かい案内

 

1148P1010649dev450

道案内はありがたいんだけど、12:30なのでご飯食べたいです

 

1149P1010650dev450

茶屋ね~か~~

 

1150P1010652dev450

出茶屋でもいいぞ~~、ないよね

 

1151P1010657dev450

袋井は東海道にかなり力を注いでる感があります

 

1152P1010659dev450

松並木もしっかりと保存

 

1153P1010660dev450

地元の方が守り育てているようです

 

 

1155P1010668dev450

腹減った!

 

1156P1010670dev450

東海道の道幅ってこんなだったんですかね。道路拡張でも松並木は失われたそうです

 

1157PXL_20231119_033949610dev450

ここらの木は江戸から残ってそう

 

1159PXL_20231119_034047786dev450

松と旅人

 

1160P1010673dev450

それにしても飯屋もコンビニもなんもないね

 

1161P1010677dev450

たわわに実る田んぼを見て、、、

 

1162P1010681dev450

あ~~めし~~~

 

1163P1010685dev450

茶屋はないけど鳥居はありました。浅間神社の鳥居です。神社はずっと先

 

 

1164P1010687dev450

それにしても見事な松並木が続きます。是非残してもらいたいです

 

1166P1010693dev450

このあたりで京都側から明日いてきた同士とすれ違いました。お互い目で挨拶を酌み交わしました。

 

1167P1010696dev450

そういえばこのあたり、江戸と京都の中間地点ってさっき書いてありました

 

1170PXL_20231119_040230854dev450

小学校の名前もこんな愛称に。おなかが減っているので無性に米沢の『牛肉ど真ん中』弁当を思い出してしまいます

 

1171P1010701dev450

さっきの旅人と中間地点ですれ違ったんだなと。僕が日本橋をたったのは、、、、、2008年だったわ

 

 

1172P1010707dev450

さてここで新道が近づいていることを察知して、空腹に耐えかね店をググりました。

 

1173P1010713dev450

おお、なんと裏口が東海道に面している店が。こっちが表かな

 

1175P1010725dev450

柿が実っています。腹減った

 

 

1176P1010731dev450

いい雰囲気の神社の隣に、、

 

1000P1010728dev450

茶屋じゃ、、、チェーン店だけど。しかも相模国から今日来たんですけど

 

1000P1010729dev450

こちらにも「東海道ど真ん中」

 

1177P1010733dev450

なにはともあれ昼ご飯にありつけました。冷やしおろし天そばを食べたんですが、夢中で写真撮り忘れました。おもてはもう国道1号とバイパス

 

1178PXL_20231119_050921344dev450

さあ元気が戻った。あるくぞ!

 

1179PXL_20231119_051529305dev450

となりのドラッグストアで疲れに効きそうな酸っぱい系ドリンク補充

 

1180PXL_20231119_051553841dev450

足取り軽く松並木をゆきます

 

1181P1010734dev450

♫じ~~んせい らくありゃ く~~もあるさ♩

おもわず水戸黄門の歌が口から出ます。

 

1183P1010739dev450

やがて並木が切れると新道に合流

 

1184P1010741dev450

宿場はもうすぐです

 

1185P1010745dev450

またも「どまん中」

 

1186P1010747dev450

ここを左折して

 

1187P1010749dev450

もうこれ以上ない親切っぷり

 

1188P1010751dev450

川のところでもそうだったけど、本来の道がどこにあったかもこだわってます。A型?

 

1189P1010753dev450

そろそろ宿場かな

 

1190P1010756dev450

常夜灯があったそうです

 

1191P1010757dev450

あ、あるんだ、いまも

 

1192P1010761dev450

市役所前を左に折れ

 

1193P1010765dev450

次の信号でまた曲がります

 

1194P1010767dev450

ここにも東海道の案内

 

1195P1010768dev450

この先の端でいよいよ袋井宿に入るようです。そしてここは27番目の宿場

 

1196P1010770dev450

どまん中茶屋さん。観光案内所ですね。別に江戸時代からあった訳ではないようです

 

1198P1010773dev450

こちらでトイレを借りました。すごくきれいなトイレでした

 

1199P1010775dev450

さあ袋井宿

 

1201P1010779dev450

旧東海道っぽいカーブした道。

 

1203P1010784dev450

旅籠がもありました。休業中らしいですけど

 

1204P1010785dev450

さあ本陣に到着。門しかないんですけどね。これで東海道五十三次がちょうど半分です

 

1206P1010788dev450

歩数計は21938ですが、掛川駅の歩き始めからですと19243歩でした。あ、これ掛川城の分も入ってます。約11kmの旅路でした

 

1205P1010786dev450

どまん中を売りにしている袋井宿、江戸の昔の旅人も、きっと「やっと半分」「あと半分」などとここで言っていたに違いありません。

 

28袋井

かくいう僕も2008年5月に日本橋を出立して今日は2023年11月、15年かかってまだまだ静岡県です。ってことは歩き始めたときは40歳か。あと半分、また15年かかるんでしょうか?えっとそうなると京の都に着くのは、、、70歳?? 本当に歩くのかな。

とりあえず今日はこのまま後半戦に突入です。午後は次の見附宿まで歩くぞ!

次の区間へ(まだ書いてます)

東海道の目次へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム